波邇夜須毘売神

はにやすびめのかみ

地域・カテゴリ

説明

記紀神話における陶磁、土を司る女神。「埴安姫神」とも綴る。「埴山姫/埴山媛(はにやまひめ)」、「埴山姫神(はにやまびめのかみ)」とも呼ばれる。また対になる男神波邇夜須毘古神とともに「埴安神(はにやすのかみ)」と呼ばれることもある。伊邪那美命火之迦具土神を生んだ時、火傷に苦しみながらした糞から波邇夜須毘古神と共に生まれた。波邇夜須毘古神とともに三十五神の33番目に数えられる。土と土を必要とする職業(陶磁、造園・土木や農業)の守護神とされる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

波邇夜須毘売神

ソーシャルリンク