グリゴリ

Grigori

地域・カテゴリ

説明

旧約聖書偽典「第2エノク書(スラブ語エノク書)」に言及される堕天した天使の一群。「見張る者」の意。「エゴロイ(Egoroi)」、「エグレゴリ(Egregori)」、「ウォッチャーズ(Watchers)」とも呼ばれる。元々グリゴリとは人間を教育する目的で編成された天使の一群で、アダムとエヴァたちの子孫を見張るために地上から降りてきた者達だった。彼らは人間の娘達に魅了され、人間の娘達と結婚し子供を作ろうと考えた。勿論このような行いは神によって禁止されていたが、グリゴリの一員の決心は固く、結局この計画には数十の首長(Chief of Tens)を含む200人の天使が賛同した。それぞれが美しい人間の妻を娶り、子供を産ませたが、この子供たちは背丈が3000キュピット(1350m)もある巨人「ネフェリム」となった。この巨人の子供達の食欲はすさまじく、人間の作る食糧ではとても間に合わず共食いまで始める始末だった。しかもグリゴリ達は自分の妻たちに武器の製造の仕方や、腕輪などの作り方、男に媚を売るための化粧法や薬物の製造法といった「知恵」を与えてしまった。これによって人間達の間では姦淫や殺し合いが横行するようになり、この罪によってグリゴリ達は幽閉され、神の裁きによってノアとノアの箱舟の乗員以外の全ての人間は洪水によって押し流されるという大惨事を招くに至った。

堕天した200人のグリゴリの天使のうち、名前がわかっているのは一部である。教皇文書によれば、「グリゴリ」とは実は天使の9階級の、今は無い第10階級を組織する天使達だったとされている。

この項目に関する表

グリゴリとされる天使》
名称 備考
シェミハザ

数十の首長(Chief of Tens)の第1にしてグリゴリ自体の長。人間に魔法や根切りを教えた。

アラキバ

数十の首長(Chief of Tens)の第2。

アルメン

数十の首長(Chief of Tens)の第3。

カカベル

数十の首長(Chief of Tens)の第4。人間に占星術を教えた。

トゥレル

数十の首長(Chief of Tens)の第5ないし第15ないし第19。

ラムエル

数十の首長(Chief of Tens)の第6。

ダニエル

数十の首長(Chief of Tens)の第7。

エゼクェエル

数十の首長(Chief of Tens)の第8。人間に雲についての知識を教えた。

バラクィヤル

数十の首長(Chief of Tens)の第9。人間に占星術を教えた。

アサエル

数十の首長(Chief of Tens)の第10ないし第21。

アルマロス

数十の首長(Chief of Tens)の第11。人間に護法についての知識を与えた。

バタレル

数十の首長(Chief of Tens)の第12。

バササエル

数十の首長(Chief of Tens)の第13。

アナネル

数十の首長(Chief of Tens)の第14。

サムサペエル

数十の首長(Chief of Tens)の第16。

イェタレル

数十の首長(Chief of Tens)の第17。

タミエル

数十の首長(Chief of Tens)の第18。人間に星の観察方法を教えた。

ラメエル

数十の首長(Chief of Tens)の第20。

ヨムヤエル

数十の首長(Chief of Tens)の一人。

サリエル

数十の首長(Chief of Tens)の一人。人間に月の運行について教えた。

サタレル

数十の首長(Chief of Tens)の一人。

ウラカバラメエル

数十の首長(Chief of Tens)の一人。

ザヴェベ

数十の首長(Chief of Tens)の一人。

ガドレエル

人間に戦うための武器の製造法や使い方を教えた。

ペネムエ

人間に紙とインクの製造方法と筆記法を教えた。

シャムシエル

人間に「太陽の宮」を教えた。

カスデヤ

人間に「堕胎を含む様々な悪行」を教えた。

サハリエル

人間に呪縛魔術(金縛り術)などの知識を教えた。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

グリゴリ

ソーシャルリンク