軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)

Kuṇḍalī

地域・カテゴリ

説明

仏教において明王の一。サンスクリット名を「クンダリー(Kuṇḍalī)」ないし「アムリタクンダリン(Amṛtakuṇḍalin)」といい、クンダリーは瓶、アムリタは不死の妙薬(=甘露)を意味する。軍荼利明王のほか、「甘露軍荼利(かんろぐんだり)」、「甘露軍荼利明王(かんろぐんだりみょうおう)」、「大笑明王(たいしょうみょうおう)」、「吉里明王(きりみょうおう)」などの名でも呼ばれる。また音写では「阿密哩多軍荼利(あみりたぐんだり)」と称する。また上記の訳のほかクンダリーを「クンダラ(耳環)をもつもの」と解することもある。

宝生如来の教令輪身(きょうりょうりんじん=教化のために如来が明王の姿をとること)であり、悪鬼を懲らしめ甘露水により煩悩を洗い流す仏尊とされる。胎蔵界曼荼羅には蓮華部院(観自在院)に「蓮華軍荼利(れんげぐんだり)」、金剛手院に「金剛軍荼利(こんごうぐんだり)」、蘇悉地院に「甘露軍荼利(かんろぐんだり)」の三尊の軍荼利尊を使者として配するため、軍荼利明王は蓮華部、金剛部、仏部の三部に通じる総使の明王とされる。金剛界曼荼羅では降三世会に列し、五大明王の一人として南方を守護する。

密号は「甘露金剛(かんろこんごう)」、種字は「अ(a)」、「हूं(hūṃ)」、「कु(ku)」、「कुं(kuṃ)」、印相は羯磨印、真言は「唵婀密㗚帝吽発吒(おんあみりていうんはった)」、三昧耶形は三鈷杵、棒、剣、賢瓶。

画像一覧

金剛軍荼利

「大正新脩大藏經図像部 第1巻」
「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

胎蔵界曼荼羅の金剛手院における図像

金剛軍吒利菩薩

「大正新脩大藏經図像部 第1巻」
「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

胎蔵界曼荼羅の蘇悉地院における図像

蓮花軍吒利

「大正新脩大藏經図像部 第1巻」
「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

胎蔵界曼荼羅の蓮華部院における図像

軍荼利金剛

「大正新脩大藏經図像部 第1巻」
「金剛界九會大曼荼羅 仁和寺版」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

金剛界曼荼羅降三世会における図像。

軍荼利

「大正新脩大藏經図像部 第3巻」
高野山真別院処円通寺蔵「図像抄」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

軍荼利

「大正新脩大藏經図像部 第6巻」
京都醍醐寺蔵「五大尊圖像(弘法大師御筆様)」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

関連項目

キーワード

参考文献

  • 34Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館
  • 57佛教大辭典
    • 著者:望月信了
    • 発行者:坂田良弘
    • 発行所:佛教大辭典發行所

この項目のリッチレイアウト

軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)

ソーシャルリンク