羲和(ぎわ)

Xī-huó

地域・カテゴリ

説明

中国神話において帝嚳の数多くいる妻の一人とされる女神。十個の太陽の生みの親だとされる。羲和の生んだ十個の太陽は最初一つずつ空を登っていた。東南海の外には羲和の国があり、そこで羲和は太陽たちに湯浴みをさせて汚れを落とさせたとされる。しかしの時代になると十個の太陽が同時に現れるようになり、草や木は焼け焦げ、人民は大いに苦しんだ。そこで天帝だった帝嚳が弓の名手であった羿を地上に送り、太陽に住むとされる烏を次々と打ち落とし、太陽を一個にしたのだという。また羲和は太陽の御者だったとする伝承もある。羲和が御者となって太陽を運ぶ車が、東の東谷を出発すると朝になり、西の虞泉に近づくと夕暮れになり、蒙谷に入ると夜になる。太陽が十個あるのは月を10日で分けて上旬、中旬、下旬とするような暦の区切りに関係があるといわれている。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

羲和(ぎわ)

ソーシャルリンク