ギルタブリル

Girtablilu

地域・カテゴリ

説明

古代バビロニアの神話に登場する半人半獣の怪物。ティアマトマルドゥークに対抗するために生み出した11の怪物の一つ。「ギルタブルル(Girtablulu)」とも呼ばれる。上半身と足が人間で、腰の部分はサソリとなっており、サソリと同じトゲのある尾がある。ティアマトが生み出した怪物の中では理性的な存在であり、闘争終結後も一つの種族として残った。一種の聖獣であり、新バビロン王朝時代の境界石などに弓を構えた姿が描かれている。「ギルガメシュ叙事詩」では、天界と冥界に通じるマーシュ山の番人として登場し、ギルガメシュがこの山にやってきたとき、ギルタブリルは彼を一目見ただけで半神であることを見抜いたという。ニヌルタ、パピルサグと関連視される。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ギルタブリル

ソーシャルリンク