ゲウシュ・ウルヴァン

Geush Urvan

地域・カテゴリ

説明

古代ペルシア神話における原初の雄牛。名前は「雌牛の魂」を意味する。「ゴーシュ・ウルーン(Gosh Urun)」とも呼ばれる。同じく原初の人間であるガヨマートと共にアジ・ダハーカによって作り出されたという。悪の原理アンラ・マンユによって殺された、あるいはミトラによって殺されたなどの諸説がある。あらゆる動物や植物はゲウシュ・ウルヴァンの死骸から生じたと考えられた。ゲウシュ・ウルヴァンは広い地域で牛に限らない家畜の守護者として信仰された。またミトラ教においては「ミトラに屠られる雄牛」としてミトラの神殿に絵や像として描かれ、儀式の中で重要な一部を担った。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ゲウシュ・ウルヴァン

ソーシャルリンク