ガルダ

Garuḍa

地域・カテゴリ

説明

インド神話においてヴィシュヌの乗り物とされる巨大な聖鳥。聖仙カシュヤパとその妻の一人ヴィナターの子供とされる。「タラシュヴィン(Tarasvin=速く飛ぶもの)」と称される。鳥頭で鳥の翼と鳥の爪を持った人間の姿で描かれる。その顔は白く、翼は赤く、体は黄金に輝いているとされる。ガルダについては無数の神話が残っているが、いずれにしても共通して、有毒の蛇を食う聖なる存在であるとされる。今日でもインドではガルダの名を三回唱えてから眠れば蛇に教われないと信じられている。仏教にも取り入れられ、音訳で迦楼羅と称される。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ガルダ

ソーシャルリンク