フェンリル

Fenrir

地域・カテゴリ

説明

北欧神話における巨大な狼の魔物。「フェンリスウールヴ(Fenrisulfr,Fenriswulf)」、「フローズルスヴィトニル(Hrodvitnir)」、「フェンリス(Fenris)」とも呼ばれる。悪神ロキと巨人の女アングルボザの子で、世界蛇ミズガルズオルム、冥界の女王ヘルとは兄弟でもある。口を開くと上顎と下顎が天と地まで届き、目や鼻から炎が噴きだしているという。またフェンリルは驚異的な速さで日々成長しているとされる。フェンリルの怪力と悪行を恐れた神々は、小人族ドヴェルグに頼んで、猫の足音、女の頬ひげ、魚の息などで、魔法の紐グレイプニルを作ってもらい、それでフェンリルを縛り、岩につないだ。この際いぶかしんだフェンリルを信用させるためティルがフェンリルの口の中に腕を入れていたが、自分が縛られたことを悟り怒ったフェンリルはティルの腕を噛み切った。フェンリルはラグナロクまでつながれているが、世界が破滅する時に開放されてオーディンを飲み込む。しかしヴィーダルにあごを引き裂かれて最期を遂げるという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

フェンリル

ソーシャルリンク