エスス

Esus

地域・カテゴリ

説明

ローマ人がガリアと呼んだ、大陸のケルト人に崇拝されていた戦の神。「ヘスス(Hesus)」とも呼ばれる。元々は木を切り倒す斧の神であり、それゆえに植物の神でもあった。ケルト民族ではエススに生贄として人間を捧げたが、その犠牲者は樹木に逆さ釣りにされた。「祭壇を染める生贄の血を見て心を休める」と言われる残忍な神で、戦の神というよりも人殺しの神とでも呼べるような存在であり、戦いに赴くケルト人を鼓舞し、熱狂を吹き込んだといわれる。そしてケルト人は勝利したあと、敗北した敵をエススへの生贄として捧げることで、この残忍な神を慰めた。

一説にはアイルランドの伝説の英雄クーフーリンはエススと同一の神格で、戦いの神であるエススが大陸からアイルランドへと渡るうちに、勇敢な英雄として描かれるようになったのだとも言われている。ローマにおいてエススはマルス、或いはマーキュリーになぞらえられた。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

エスス

ソーシャルリンク