エーギル

Aegir, Ægir

地域・カテゴリ

説明

北欧神話において、ヴァナ神族の長、或いはヴァナ神族やアサ神族より古い世代に属しているされる神。名前は「海」を意味する。「エーゴル(Eagor)」とも呼ばれる。海の精である妻ラーンや渦巻く波を象徴する9人の娘とともに海を支配する神。海底にある宮殿に住んでおり、この宮殿は海に沈んだ黄金などの財宝が集まる場所でもあるので、其の輝きだけで照明を必要としなかったといわれる。全体が爪かのように細い指を持つ老人として描かれる。彼とその一族はよく海上の船を襲い船の乗組員達を海の中へと引きずり込んだが、彼らは(丁度オーディンが戦死者をヴァルハラでもてなすように)煌くエーギルの宮殿でもてなされた。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

エーギル

ソーシャルリンク