エディン

Etain, Étaín

地域・カテゴリ

説明

一般的なケルト神話(島のケルト)に登場する光を司る女神。美しい女神で光、或いは月を司る女神とされている。エディンは初め愛の神アオングスの誘惑を受け、続いて大地の神ミジルの妻となったが、これに嫉妬したミジルの先妻であったファヴナックの怒りを買い、羽虫に姿を変えられてしまう。それでもミジルは彼女を愛しつづけたのでファヴナックは魔法の風で彼女を吹き飛ばして七年間荒野に吹きさらしにし、それでも飽き足らなくなってさらに遠くにエディンを吹き飛ばした。こうして放浪を続けたエディンは最後にアルスターの王エダールの妻の杯に落ちて彼に飲み込まれ、最初に生まれてから1012年後に、王の娘に生まれ変わることで再び女神としての姿を取り戻した。その時までずっとエディンを愛しつづけたミジルが冥界から彼女を迎えに来て、二人は再び夫婦となった。冥界に住むミジルが彼女を妻にしたことによって、世界に冬が来るようになったという。

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

エディン

ソーシャルリンク