ドゥルマ・ジャンク

sGrol ma ljang khu, Drölma jangkhu

地域・カテゴリ

説明

チベット仏教における21種存在するドゥルマ(ターラー多羅菩薩)のうち、白色のターラーであるドゥルマ・カルポとともに重要視された「緑色のターラー」。略して「ドゥルジャン(sGrol ljang, Drönjang)」とも呼ばれる。サンスクリットでは「シャーマターラー(Śyāmatārā)」と称し、「緑色のドゥルマ(ターラー)」を意味する。またまた「アカシアの森」を意味する「センデン・ナクキ・ドゥルマ(Seng ldeng nags kyi sgrol ma, Sengdeng nakkyi drölma)」(サンスクリットでは「カディラヴァニターラー(Khadiravanitārā)」)とも呼ばれる。

商売繁盛や利殖、蓄財などに効験があるとされる。緑色ターラー、白色ターラーの両尊でチェンレーシク(=観音菩薩)の左右に侍する姿で描かれることがあり、吐蕃王国のソンツェンガムポ王がチェンレーシクの化身とされたことにより、その妃である文成公主はドゥルマ・カルポの、ティツゥン公主はドゥルマ・ジャンクの化身と考えられるようになった。

画像一覧

白色ターラーと緑色ターラー

White Tara and Green Tara
メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)蔵
15世紀後半
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ドゥルマ・ジャンク

ソーシャルリンク