デックアールヴ

Dökkálfr

地域・カテゴリ

説明

北欧神話に登場する妖精の一種。複数形では「デックアールヴァル(Dökkálfar)」。名前は「闇の妖精」を意味する。他に「スヴァルトアールヴ(Svartálf="闇の妖精"の意)」とも呼ばれる。原初の巨人ユミルが殺されて大地になったとき、その死骸からうじ虫としてリョースアールヴとともに湧き出てきたとされる。リョースアールヴが「太陽より白い」と称されるのに対してデックアールヴは「土より黒い」といわれる。デックアールヴは神々により人間の姿と知性が与えられたが、日光に当たると石となって死んでしまう(或いは元に戻ってしまう)ために地下世界にある「スヴァルトアールヴァヘイム(Svartalfaheimr)」で暮らしているという。ドヴェルグと同一視される。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

デックアールヴ

ソーシャルリンク