"第II神"

God II

地域・カテゴリ

説明

オルメカにおけるトウモロコシ(メイズ)の神。オルメカの神々は現在までに呼称が伝わっていないので便宜上このように呼ばれる。頭のくぼみから生えるトウモロコシの穂軸が特徴で、トウモロコシ、ひいては農耕を司る神と考えられる。歯のない乳幼児の姿(おそらく若さと生命の象徴)をしており、ジャガーの特徴を伝えるアーモンド形の目、広く平らな鼻、ふっくらして外側に広がった上唇、さらに額に装飾帯をつけた姿をしている。後代に登場する多くのメソアメリカのトウモロコシをつかさどる神、とくにアステカのセンテオトルの祖型になったと考えられている。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

"第II神"

ソーシャルリンク