白傘蓋仏頂(びゃくさんがいぶっちょう)

Sitātapatroṣṇīṣa

地域・カテゴリ

説明

仏教において仏陀の頭頂の功徳を仏尊とした仏頂尊の一尊で五仏頂および八仏頂の一。サンスクリット名は「シタータパトローシュニーシャ(Sitātapatroṣṇīṣa)」といい「白い傘の肉髻」 といった意味がある。このことから「白傘蓋仏頂」という名のほか、「白傘仏頂(びやくさんぶっちょう)」、「白繖仏頂(びゃくさんぶっちょう)」などの名前でも呼ばれる。また「悉多他半怛羅烏瑟尼沙(しったたはんたらうしゅにしゃ)」と音写される。五仏頂の上首であり白浄の大慈悲をもって法界(あるがままの真理)を遍く覆う徳を持つ。胎蔵界曼荼羅において釈迦院下段右側一列目に配される。尊容は現図では五智冠を戴き左手に白傘蓋の乗った蓮華を持ち、右手は手のひらを向け胸の前に上げ半跏趺坐で坐す。

密号は「異相金剛(いそうこんごう)」、種字は「लां(lāṃ)」、印相は左手を開いて伏せ、右手の人差し指を立てて傘と傘の柄を真似るもの、真言は「曩莫三曼多沒馱喃藍悉怛多鉢怛羅鄔瑟尼沙娑婆賀(のうまくさんまんだぼたなんらんしったたはたらうしゅにしゃそわか)」、三昧耶形は傘蓋。

画像一覧

白傘蓋佛頂

「大正新脩大藏經図像部 第1巻」
「大悲胎藏大曼荼羅 仁和寺版」より
大蔵出版
Copyright: public domain

胎蔵界曼荼羅釈迦院における図像。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

白傘蓋仏頂(びゃくさんがいぶっちょう)

ソーシャルリンク