歩擲明王(ぶちゃくみょうおう)

Padanakṣipa

地域・カテゴリ

説明

仏教における明王の一尊で八大明王の一。名前はサンスクリット名「パダナクシパ(Padanakṣipa="投げて歩くもの"といった意味)」を意訳したもので、「步擲金剛(ぶちゃくこんごう)」、「步擲金剛明王(ぶちゃくこんごうみょうおう)」と呼ばれるほか、音写で「播般曩結使波明王(ははんなけしはみょうおう)」とも記される。本地を普賢菩薩とし、罪人に菩提心(悟りを求める心)を起こさせ魔を退散させる力があるとされる。一般的に二臂で旋蓋と金剛杵を手に持った姿で表される。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

歩擲明王(ぶちゃくみょうおう)

ソーシャルリンク