弁積菩薩(べんしゃくぼさつ)

Pratibhānakūṭa

地域・カテゴリ

説明

仏教において賢劫十六大菩薩とされる菩薩の一尊。サンスクリット名を「プラティバーナクータ(Pratibhānakūṭa)」といい、プラティバーナは「知性」、「雄弁」、クータは「罠」や「集合」を意味することから「弁積菩薩」、「智積菩薩(ちしゃくぼさつ)」などと称する。また音写から「鉢羅底婆那倶吒(はらていばなくた)」とも呼ばれる。衆生に三蜜の教法を説き迷夢から覚まさせる仏尊だとされる。金剛界曼荼羅の檀外の北方(右側)の4尊のうち西(上)から二番目に配される。

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

弁積菩薩(べんしゃくぼさつ)

ソーシャルリンク