跋難陀竜王(ばつなんだりゅうおう)

Upananda

地域・カテゴリ

説明

仏教における八大竜王の第二尊。名前はサンスクリット名「ウパナンダ(Upananda)」の音写で、他に「優波難陀(うぱなんだ)」(摩訶僧祇律)、「烏波難陀(うぱなんだ)」(蘇悉地羯羅経)などの字があてられるほか、意味訳で「大喜(だいき)」、「賢喜(けんき)」、「近喜(ごんき)」などの名前でも呼ばれる。難陀竜王の弟とされ、両尊は「難陀烏波難陀龍王(なんだうぱなんだりゅうおう)」、「難陀跋難陀龍王(なんだばつなんだりゅうおう)」といったように一括りに論じられることもある。胎蔵界曼荼羅の外金剛部院(最外院)の北方、南方、西方の各門に難陀竜王とともに描かれる。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 46仏尊のご利益・功徳事典
    • 著者:大森義成
    • 発行者:大沢広彰
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

跋難陀竜王(ばつなんだりゅうおう)

ソーシャルリンク