バシリスク

Basilisk

地域・カテゴリ

説明

ヨーロッパから中東における伝説や伝承に登場する想像上の生物。当初バシリスクは頭部にとさかないし冠状の突起がある、ヤマカガシに似た蛇とされた。名前はこの突起に因んだものであり、ギリシア語の「バシリスコス(basiliskos=小さな王の意)」からきていると考えられる。爬虫類の王であり頭を持ち上げたまま移動する(おそらくコブラに由来する描写)とされる。「旧約聖書」の「エレミヤ書」(8:17)や「詩篇」(91:13)(日本語訳では"蛇"などと書かれている場合もある)にはバシリスクが悪の象徴として登場している。また大プリニウス(A.D.23~79)の「博物誌」には初期のバシリスクの特徴が事細かに説明されている。これによれば、バシリスクは大きな特徴として比類なき毒を有しており、例えばバシリスクを槍で突き殺そうとしても槍を通じて人間、及び乗っている馬にさえ毒がまわり死んでしまうとされる。ただイタチが放つ悪臭にはめっぽう弱く、バシリスクの巣にイタチを投げ込むと相打ちでどちらも死んでしまう、と記されている。

時代が下るにつれバシリスクに対する記述は多岐に渡るようになり、大げさになっていった。当初小さな蛇のはずだった体はもっと大きく描写され、火を吹く、死をもたらすうなり声を上げる、人を狂わす、等の説明が加わった。またコカトリスと同一視されるようになると「バシリ・コック(Basili-Coc)」ないし「バシルコック(Basilcoc,Basilcok)」などとも呼ばれるようになり、姿もコカトリスのような混成動物へと変化した。

バシリスクはメドゥーサのように目で見ただけで生物を殺す能力があるとされることもあり、砂漠はこの能力によって生じたものとされることもある。これを逆手に取り、水晶玉でバシリスクの視線を反射させれば、逆にバシリスクを殺せるという。バシリスクはその強烈なイメージから貴族や団体の紋章として使用されることもあった。またバシリスクの人を即死させる能力にあやかって、大砲に「バシリスク砲」と名づけられたりしたこともあった。

画像一覧

唯一アフリカに生息するバシリスカス(Basiliscus in solitudine Africæ viuens)

1640
ウリッセ・アルドロバンディ(Ulisse Aldrovandi)著
「蛇とドラゴンの博物誌(Serpentum, et draconum historiæ libri duo)」より
スミソニアン協会図書館(Smithsonian Libraries)蔵
Copyright: public domain

怪物じみた鶏(Gallus Monstrosus)

1642
ウリッセ・アルドロバンディ(Ulisse Aldrovandi)著
「怪物誌(Monstrorum historia)」より
ストラスブール大学(Strasbourg University)蔵
Copyright: public domain

バシリスカス(Basiliscus)

1340-1350
ヤーコブ・ファン・マールラント(Jacob van Maerlant)著
「自然の魅力(Der naturen bloeme)」より
オランダ国立図書館(National Library of the Netherlands)蔵
Copyright: public domain

バシリスカス(Basiliscus)

1226-1250
著者不明
「動物寓話集(ジラルドゥス・カンブレンシスのアイルランドの鳥類からの抜粋を含む)(Bestiary, With Extracts From Giraldus Cambrensis On Irish Birds)」より
大英図書館(British Library)蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

バシリスク

ソーシャルリンク