あやかし

地域・カテゴリ

説明

日本における妖怪、怪異の一種。「あやかり」とも言う。長崎県では海上に現われる怪火を、山口県や佐賀県では船幽霊のことをいう。おそらく海における怪現象一般を指す言葉だと思われる。鳥山石燕は「今昔百鬼拾遺」に海蛇のようなあやかしを描いており、現在はこの姿があやかしとして広く認知されているが、これはイクチを元にしたと考えられている。

画像一覧

あやかし

1805
鳥山石燕著
「今昔百鬼拾遺(霧)(こんじゃくひゃっきしゅうい・きり)」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

西国の海上に船のかゝり居る時ながきもの船こえて二三日もやまざる事あり/油の出る事おびたゞし/船人力をきハめて此油をくみほせバ害なし/しからざれバ船沈む/是あやかしのつきたる也

キーワード

この項目のリッチレイアウト

あやかし

ソーシャルリンク