アウズフムラ

Audhumbla, Audumla

地域・カテゴリ

説明

北欧神話における原初の巨大な牝牛。原初の巨人ユミルに次いで原初の深遠「ギンヌンガガプ(Ginnungagap)」の溶けた氷から生まれ、塩辛い霜で覆われた石を舐めて養分を取り、四つの乳房から川のように流れ出るミルクはユミルを育てた。その削られた石からはブーリという巨人が生まれた。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

アウズフムラ

ソーシャルリンク