天知迦流美豆比売

あめしるかるみずひめ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」において大年神の后神として登場する女神。読みを「あめのちかるみずひめ」とする説もある。「天知迦流美豆姫」、「天知迦流水姫神」とも表記される。読みと同じく神名の語義を諸説あり、「アメシル(天を領る)」+「カル(地名、あるいは掛かるの略)」+「瑞姫(ミズヒメ)」、「天(アメノ)」+「チカル(力や離れるの変化)」+「瑞姫(ミズヒメ)」などど推定されている。大年神との間に奥津日子神奥津比売命大山咋神庭津日神阿須波神波比岐神香山戸臣神羽山戸神庭高津日神大土神の十柱の子神を産んだ。日吉大社の摂社である「新物忌神社(しんものいみじんじゃ)」や、滋賀県高島市新旭町にある「日吉二宮神社(ひよしにのみやじんじゃ)」などに祀られる。

この項目のリッチレイアウト

天知迦流美豆比売

ソーシャルリンク