天手力男神

あめのたぢからおのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する剛力の神。「日本書紀」には「天手力男神」、「古事記」には「天手力雄神(同訓)」と記載される。「手力雄神(たぢからおのかみ)」とも呼ばれる。天照大御神が天岩屋戸に隠れた時、岩屋戸を開き、天照大御神を外に連れ出した神。邇邇藝命の天孫降臨に随伴し地上に降り、佐那那県(さなながた=現在の三重県多気郡)に住んだとされている。「手力」、つまり腕力を象徴する神であり、相撲などを始めとするスポーツ、技芸を司る神として信仰されている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

天手力男神

ソーシャルリンク