天御虚空豊秋津根別

あまつみそらとよあきづねわけ

地域・カテゴリ

説明

もしくは「あまのみそらとよあきつねわけ」。古事記に登場する地霊。伊邪那岐命伊邪那美命による国産みの際生まれた。14島の八番目で大八島(おおやしま)の最後の島であり、「大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)」つまり畿内地方ないし本州を神格化したもの。「あまつみそら」とは天空の美称、「とよあきつ」は豊かな秋の実りがある、といった意。

この項目のリッチレイアウト

天御虚空豊秋津根別

ソーシャルリンク